俺得修学旅行~男は女装した俺だけ

【まんが王国】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ※スマホ専用

俺得修学旅行~男は女装した俺だけのあらすじや感想を見本画像を添えて紹介します。

奥森ボウイが描く年上JK達と気持ちイイ体験をしてみませんか?

俺得修学旅行あらすじ紹介

あまりにも俺得過ぎる旅行はこちら

ギャル系お姉さんをタップ

【まんが王国】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ※スマホ専用

俺得修学旅行~男は女装した俺だけ

修学旅行へ参加している女子校生?が、何故か神に祈っていた。

「神様、どうかバレませんように・・・」

この2日前、姉から女子校の修学旅行に代わりに行けという、無茶な指令を下された弟がいた。

バレてしまったら、速攻で変態決定である。

シチュエーションとしては、年上のJK達がいっぱいいて大興奮のハーレム状態で、俺得要素しかない。

だが、それは正体がバレなかったらという、かなり無理な条件付きなのだ。

激しく拒否反応を示す弟を前に、姉は冷静に女子の制服を差し出してきた。

女湯で女装解除?!

【まんが王国】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ※スマホ専用

ちなみに、彼女は凄まじく風邪を引いている。

そう、これが原因で修学旅行に参加できないので、弟を替え玉にしたのだ。

その理由は、ただ卒アルの写真に写りたいというだけ・・・

年頃の男子としては、女子校という女の子達が無防備な空間に堂々と入り込めるのだから、スーパー俺得状態ではある。

しかし、ただ顔が姉とそっくりだというだけで、本当に女装がバレないのか不安しかない。

そんな感じで女子校の修学旅行へ強制参加した彼、伊賀勇太は、姉の親友である篠原さんだけが味方という無理ゲーな状況に突っ込むしかなかった。

年上金髪ギャルとスゴい事になった

【まんが王国】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ※スマホ専用

ある程度慣れてきて、周囲を見渡すと年上美少女パラダイスである事に気付く。

その中で一際目立つ、金髪ギャルを発見するも、何故か激しく睨み付けられてしまった。

彼女は、絶対に関わってはいけないという、星女三巨頭の1人、夏目ルナ。

だが、漫画の都合上、彼女とのハプニングは必須なのだw

という事で、その夜、まさかのお風呂で女装姿の勇太とルナは、思いきり遭遇してしまった。

全てが終わったと思った勇太だったが、彼女の意外な対応に驚く事となる。

本当に俺得修学旅行だった

単純に奥森ボウイ氏の作品という事で読み始めた俺得修学旅行~男は女装した俺だけは、とりあえず、本当に俺得な内容だったという感想を持ちました。

ヤリたい盛りの男子が、女装という危険な状況でも、綺麗なお姉さんがいっぱいいる旅行に紛れ込めるのだから、バレさえしなければ最高でしょう。

作品内では、思いきり正体がバレてしまったりしてますが、意外とどうにかなっているのが面白いですね。

どういうわけか、男だとわかった方が逆にえっちな路線に進んでいるのが特徴です。

女子校の生徒って、実は男に飢えているのでしょうかw

そんな錯覚すら覚えてしまう、俺得修学旅行でした。

ヒロインは、基本的に星女三巨頭達となりますが、みんな危険な人達という割には、案外可愛いという印象を受けました。

この人、まさかのビッチ?

【まんが王国】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ※スマホ専用

あと、何故かみんなえっちな事に興味があるんですよね。

これを俺得と言わず何と言う?って感じですよ。

女装男の勇太は、最初は童貞だったのに、どんどん女の子に慣れていく所も見逃せないと思います。

最初の相手がルナさんだったので、もうナニも怖いモノがなくなっているという説が有力ですね。

相手が処女だろうとビッチだろうと、もうお構いなしにヤリまくってくれるので、えっちなシーンには満足出来ました。

これでいて、割とストーリーが綺麗に続いているというのも良いですね。

俺得修学旅行は総合的に見て、読み応えがあってヤルときはやってくれるという、なかなか素晴らしい作品でした。

立ち読みしてみるならこちら

全裸で喘ぐ女子をタップ

【まんが王国】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ※スマホ専用

奥森ボウイは緑色がお好き?

この俺得修学旅行を描いた作家奥森ボウイ氏は、何かやたら緑色でした。

と言うのも、細かい情報が知りたかったので、奥森氏のブログへ特攻してきました。

すると、中身は漫画の情報満載なのですが、とても緑色だったわけです。

ブログの名前がミドリだけどピンクだから、まあそのまんまという奴ですね。

そんな事を考えていると、どうやら俺得修学旅行のフルサイズ版が登場した事がわかりました。

ちなみに最新話は、スマホ用漫画版となりますので注意です。

でも、さらなる高みを目指したい方は、大きいバージョンも読んでみたくなるはずですよね。

あと、奥森ボウイ氏の単行本に関するネタもあったりして、油断していると支出が止まらなくなってしまいそうです。

いちいちサンプルの画像の攻撃力が高いので、思わずふらふらと購入ボタンをポチッとやっちゃうわけですね。

この作家さんの凄さは俺得修学旅行で充分に理解したつもりなので、イキ付くところまで行ってみます。

フルサイズ版はこちら

表紙絵に触れてください

DMM電子コミック[SP専用]【俺得修学旅行】